日本エア・リキード、川崎で水素ステーションの営業を開始

日本エア・リキードは、神奈川県川崎市に建設した、燃料電池自動車(FCV)向けの「川崎水素ステーション」の営業を4月1日より開始すると発表し、3月30日に開所式を開催した。同ステーションは、日本エア・リキードが直接所有・運営するものとしては、6番目のものとなる。…

日本エア・リキード、川崎で水素ステーションの営業を開始

日本エア・リキードは、神奈川県川崎市に建設した、燃料電池自動車(FCV)向けの「川崎水素ステーション」の営業を4月1日より開始すると発表し、3月30日に開所式を開催した。同ステーションは、日本エア・リキードが直接所有・運営するものとしては、6番目のものとなる。…

ギ酸系燃料電池の開発に成功 – EPFLとGRT Group

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)と環境エネルギー技術の研究開発企業GRT Groupは、ギ酸を利用した燃料電池の開発に成功したと発表した。燃料電池に使われる水素は貯蔵・輸送が技術的に難しくコストがかかるという問題があるが、水素のキャリアとしてギ酸を利用することでこの問題を解消できる可能性があるという。…

ギ酸系燃料電池の開発に成功 – EPFLとGRT Group

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)と環境エネルギー技術の研究開発企業GRT Groupは、ギ酸を利用した燃料電池の開発に成功したと発表した。燃料電池に使われる水素は貯蔵・輸送が技術的に難しくコストがかかるという問題があるが、水素のキャリアとしてギ酸を利用することでこの問題を解消できる可能性があるという。…

ピクセラ、「新4K8K衛星放送」で4K放送が見られる外付けチューナー

ピクセラは2018年10月初旬に、「新4K8K衛星放送」に対応したテレビチューナー「PIX-SMB400」を発売する。自宅のテレビに取り付けるだけで、BS・110度CSの高精細な4K放送を受信できるようになる。販売価格は3万円未満を見込む。…

ピクセラ、「新4K8K衛星放送」で4K放送が見られる外付けチューナー

ピクセラは2018年10月初旬に、「新4K8K衛星放送」に対応したテレビチューナー「PIX-SMB400」を発売する。自宅のテレビに取り付けるだけで、BS・110度CSの高精細な4K放送を受信できるようになる。販売価格は3万円未満を見込む。…

ドウシシャ、東芝のメイン基板を採用した液晶テレビ「DOSHISHA」

ドウシシャは3月下旬に、「DOSHISHA」ブランドを冠する液晶テレビを発売する。メイン基板は東芝製。スピーカーの素材はなんと和紙で、低音域から高音域までクリアなサウンドを再現するという。19V型と22V型の2モデルを用意している。…

ドウシシャ、東芝のメイン基板を採用した液晶テレビ「DOSHISHA」

ドウシシャは3月下旬に、「DOSHISHA」ブランドを冠する液晶テレビを発売する。メイン基板は東芝製。スピーカーの素材はなんと和紙で、低音域から高音域までクリアなサウンドを再現するという。19V型と22V型の2モデルを用意している。…

拡大するエネルギー需要に対処するための6つのトレンド

社会のテクノロジーへの依存度がますます高まるにつれ、世界のエネルギー消費量は著しく増大しています。データセンターや車載用、産業用を含む数多くのアプリケーションの利用により、世界の個人電力消費量は石油製品の消費量に迫りつつあります。うしたトレンドに対応するため、設計者は半導体ソリューションを積極的に活用していますが、そこで求められるのは、より競争力のある動作を実現しながら、環境に配慮したエネルギー使用に関する法令も順守する電源管理テクノロジーです…

拡大するエネルギー需要に対処するための6つのトレンド

社会のテクノロジーへの依存度がますます高まるにつれ、世界のエネルギー消費量は著しく増大しています。データセンターや車載用、産業用を含む数多くのアプリケーションの利用により、世界の個人電力消費量は石油製品の消費量に迫りつつあります。うしたトレンドに対応するため、設計者は半導体ソリューションを積極的に活用していますが、そこで求められるのは、より競争力のある動作を実現しながら、環境に配慮したエネルギー使用に関する法令も順守する電源管理テクノロジーです…