【マジかよ】カップラーメン用の「替玉麺」が売られていたので買ってみたら時間的な難易度が高すぎて泣いた

みんな大好きカップラーメン。たまに無性に食べてくなってしまうのは私(あひるねこ)だけではないと思うが、食事として若干の物足りなさを感じてしまうのも私だけではないはず。要は量が足りない。こっちはもっともっと麺を食いたいのだ!

そんな時、偶然スーパーで発見したのが『カップラーメンの替玉麺』なる謎の商品だった。そんな麺あんのかよ。と思いつつ、同時に興味を引かれたため買ってみたのだが……。それが予想を上回る高難度のアイテムであることを、この時の私は知るよしもなかった。

・珍しい替玉を発見

カップラーメン用の替玉麺と聞いて、最初はよくあるフライ麺を想像していたのだが、店頭に並んでいたのは そばやうどんのような棒状の麺。そのスーパーでは5食入り税込170円で売られていて、スープが入っていないからかけっこう安い。

販売会社の商品ページがあったので見てみると、そこには替玉麺についてこう書かれていた。

「カップラーメンにお湯を注いだ後の3分間で、茹でれるように原材料を配合し、様々なカップラーメンに合うストレート細麺に仕上げました」

なるほど! それなら時間も無駄にならないし便利だな。というわけで、さっそく作ってみることに。カップラーメンは最寄りのセブンイレブンで適当に調達した『鳴龍 担担麺(税込278円)』だ。新商品らしいのでちょうどいい。

・調理開始

ではでは、パッケージに書かれた調理方法に従って作業を進めていこう。まず鍋にたっぷりのお湯を沸かし、普通にカップラーメンを作る。この時、替玉をゆでる分のお湯を十分残しておくことを忘れずに。ふむふむ。

で、たしかカップラーメンを作っている間に替玉麺をゆでるんだったな。なになに? 約3分を目安にお好みの固さになるまでゆでてください? ……ん? え? ゆで時間3分? ちょっと待ってくれ、そういえばカップラーメンの待ち時間も……

3分やないか! え、どうすんのこれ!!

・強制時限イベント

替玉麺を鍋に投入した直後、私は事の重大さに気付くことになった。現在進行中のカップラーメンは残すところ約2分で完成しようとしている。一方の替玉は、これから約3分ゆでなければならない。あの手順通りに作るとするなら、カップラーメンが完成する前に替玉をゆでてお湯をきり、皿に盛る必要があるのだ。

いや無理だろッ!

時間的にどう考えても不可能である。だってあと2分で出来ちゃうんだぞ? そんなん、カップラーメン伸びきりますやん。仮にラーメンを完成させてから替玉を処理するにしても、その間にラーメンは伸びてマズくなってしまうだろう。窮地である。もうこうなったら……。

食いながらやるしかない!

・怒涛の同時作業

そこからは時間との勝負だった。まずは一足早く完成したカップラーメンを、すする! すする!! すするゥゥゥウウウ!!! 練りごまのうま味が効いてますね~とか言ってる場合じゃねえ。早く食わないと替玉がゆで上がるんだよォォォォオオオオ!

しかし、タイマーは無情にもタイムアップのホイッスルを響かせる。ちぃッ! 少しだけ長めに設定しておいたものを……!! だが、これ以上ゆでるのは危険だ。じゃないと替玉が伸びきってしまう。

さらに混迷を深める麺と台所と私。む、いかん! カップラーメンの方も麺がそろそろ伸びてきたぞ。そのため私は、ラーメンを食べてはお湯を捨て。ラーメンを食べてはお湯を切り。ラーメンを食べては皿に盛るという、不毛極まりない反復行動を余儀なくされるはめに。何だこれ、部活か。

だがその甲斐あって、我がテーブルにはスープだけになったカップと、皿に盛られた替玉が手順通りに並ぶこととなった。いやぁ、ここまで本当に大変だったよ! やっと落ち着いて食べることができるぞ!! さあ、念願の替玉麺をズズッとすすってみる。すると……。

・格が違う

ウ、ウマい! マジかこれ、めっちゃ麺に絡むやないか~~~い!! やはりフライ麺とは比べ物にならないな。替玉どころか、1杯目を完全に超えているぞ。ていうか今分かったけど、この担々麺も普通にウマい! 作ってよかったーーー\(^o^)/

なんやかんやあったが、結果はオーライだったカップラーメンの替玉麺。かなり珍しい商品とは思うが、買って損をすることはおそらくないだろう。ただ、あそこまで無理に同時進行させる必要があったのかは疑問が残るところ。やはりカップラーメンは、簡単が一番ではないか。

– 完 –

参考リンク:カップラーメンの替玉麺
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

絶品フルーツをお腹いっぱい食べられる贅沢が現実に…!名古屋「Fruit+Bistro 32 orchard」はまるで都会の果樹園!!

「美味しい果物が食べたい」と思っても、良い果物を見抜くのが難しく、選ぶ段階で面倒になって結局買わない、ということは多い。でも美味しい果物をひたすら、お腹いっぱい食べたい……そんなワガママを叶えてくれるお店があるという。

しかも、創業明治32年の超老舗な果物商社が営んでいるらしい。本気度ヤバそう。めちゃくちゃ気になる。ということで、早速行ってきたぞ!

・Fruit+Bistro 32 orchard

美味しい果物をお腹いっぱい食べられ、美容や健康に気をつかう方に人気──と噂のお店は、愛知県名古屋市随一の繁華街・栄にあった。とはいっても栄駅から10分ほど歩いた、閑静な場所にある。

店内入り口までの飾り付けがめちゃくちゃ植物感満載。中に入ると、ショーケースに入った新鮮な果物たちが出迎えてくれる。期待が高まる!

メニューを見てみると、なんとマンゴーフェアが開催されていた。

マンゴーとオススメフルーツプレートと、まるごとマンゴースムージーを頼もうと意気込んでいると、なんとマンゴーフェアのメニューは全て売り切れ。ショック過ぎる……。

しかし、スタッフさんオススメのフルーツで作ってくれるという厳選フルーツ盛り合わせ(1580円)があったので、それと3種のベリースムージー(780円)を注文。お水はセルフなので、果物たちの到着を待つ間に取りに行くと、なんとデトックスウォーターが。

美味しそうな果物が、惜しみなくウォーターサーバーに突っ込まれている。しかも人気すぎるのか、残りわずかだ。飲んでみると、やや果物の風味が出ており、ほんのりと酸味を感じた。美味しい。デトックス効果については分からんが、美味しいのは確かだ。

デトックスウォーターだけで満足しかけているところに、3種のベリースムージーが。

酸味と甘味が程よくて飲みやすい。おまけに、固形感はないのに、飲みごたえが抜群だった。お腹が満たされる。お昼ご飯を食べたあとにちょうど良いなぁ、と思っていると……厳選フルーツ盛り合わせが来たーッ!!

物凄い迫力! 厳選された果物たちが盛り盛りに盛られている。おまけに……マンゴーがいる!!

なんと、注文時にマンゴーフェアメニューの売り切れを残念がっていたのを見て、ラス1のマンゴーを入れて下さったそう。ありがたい……! しかも、バナナがイルカさんになっている。しかもこのイルカさん、ブルーベリーをくわえている。何これめっちゃ可愛い! 盛り合わせの内容から果物の細工まで、しっかりと気を配られているのは凄い。

肝心の味はというと、どの果物も美味しく、外れが一切なかった。果物は個体差で味に当たり外れがあるが、提供された果物はどれも安定して美味しかった。これが老舗の実力なのか。それにしても……めっちゃくちゃボリューミー!

正直、最初に盛り合わせを見たときは、食後のデザートにちょうどいいなと思っていた。実際食べ始めてみると、これは一食分あるといっても過言ではないと感じた。美味しい果物を文字通り、お腹いっぱい食べられる。贅沢……。

・ランチタイムにはフルーツビュッフェも

今回はお昼に別のところで食事した後、16時過ぎに来店したため、ランチタイムは終了していた。お腹いっぱい果物を楽しめて大満足だったのだが、なんとランチタイム時にはフルーツビュッフェを実施しているらしい。

レギュラーメニューだけでなくフルーツビュッフェも人気で、なんと行列が出来るほどらしいので、今度は是非ビュッフェも楽しんでみたいと思う。

・今回訪問した店舗の情報

店名 Fruit+Bistro 32 orchard
住所 愛知県名古屋市中区栄3-25-34
営業時間 11:00〜22:00(ランチ11:00〜14:00)
定休日 不定休・月曜日ランチ営業のみ

Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.

背脂醤油ラーメンの旗頭! 京都ラーメンの真髄を知りたければ、迷わず「いいちょ」に行け / 京都ラーメン巡り

湯豆腐、湯葉、おばんざい……。はんなりとした食べ物のイメージが強い京都だが、実は美味しいラーメン屋の宝庫でもある。左京区の一乗寺はラーメンの聖地として他府県からも食べ歩きのファンが訪れるし、いまや巨大チェーンとなった天下一品も元を辿れば京都発祥である。

そんな京都のラーメン屋を、有名店から穴場店まで食べ歩く「京都ラーメン巡り」。第1回は背脂醤油ラーメンの名店、『いいちょ』をご紹介しよう。

・京都のラーメン事情

ひとくちにラーメンといってもジャンルは色々あるものだが、京都にも豚骨、醤油、みそ、塩……ひと通りのラーメン屋は揃っている。それを踏まえたうえで、京都において最もポピュラーなラーメンのスタイルは何かと問われたなら、筆者は「背脂醤油ラーメン」だと答えたい。

鶏ガラもしくは豚骨(もしくはその双方)でスープのダシを取り、醤油タレで調味。仕上げに豚の背脂をスープに散らして出来上がり、というスタイルだ。これが一番オーソドックスな京都ラーメンだと思う。

・ウマ過ぎ注意

今回ご紹介する『いいちょ』は、そんな京都では王道のスタイルを極めたお店。まさに京都ラーメンの真髄ともいえる味を楽しむことができる。

お店は左京区の下鴨と呼ばれるエリアにあり、近くには世界遺産の下鴨神社があるので観光と併せて訪れるのもいいかもしれない。最寄駅は地下鉄烏丸線の北大路駅で、駅からは徒歩10分程度だ。

さてラーメンだ。スープの表面には豚の背脂がたっぷりと浮かんでおり、食欲を刺激してくる。スープは鳥骨7、豚骨3の割合でダシを取っているとのこと。一口飲んでみると……ウンめぇ。キリッと淡麗な醤油味が際立ち、舌の上で転がせば鳥と豚の旨味が広がる。麺は中細のストレート。具材はチャーシュー、ネギ、メンマと京都の背脂醤油では一般的な組み合わせだ。

チャーシューはどちらかというと脂身が多めで、醤油の味がよく染みている。これを背脂たっぷりのスープでひたひたにして食べると、思わずため息が出てしまう美味しさ。カロリー? 知らんがな。

醤油は老舗の澤井醤油で醸造されたものを使用しており、そのあたりに美味しさの秘訣があるのかもしれない。とにかく死ぬほどウマイ

・やきめしもヤバイ

こちらのお店でラーメンと並んで人気のあるメニューが、やきめし。筆者はランチタイムに訪問したが、ほとんどのお客さんがラーメンと併せて注文していた。

卵、ネギ、細かく刻んだ肉などが入っており、味付けは濃い目。新福菜館の焼き飯と似たような味わいなのだが、特筆すべきはそのパラパラ具合。いったいどういう風に鍋を振ったらこんなパラパラに仕上がるんだろう、と思うくらいに理想的な食感だ。とにかく死ぬほどウマイ。お腹に余裕のある人は是非ラーメンと一緒に食べて欲しい。

・美味しいゆえのジレンマ

ラーメンは死ぬほどウマイ。やきめしも死ぬほどウマイ。つまりセットで食べると死ぬ。そんな「旨味の臨死体験」ができる店が、いいちょなのだ。ちなみにお値段はラーメン(並)が700円、やきめし(並)が500円。セットで注文すると100円の割引をしてくれるので、都合1100円となる。

京都人として自信を持っておススメできる店だが、美味しいゆえのジレンマもある。こちらのラーメンは何度も言っているように醤油味なのだが、実はメニューをよく見ると塩ラーメン、みそラーメンもあるのだ。

めっっっっちゃ気になる。以前から気になってる。だけど醤油ラーメンが激ウマだと分かっているので、結局いつも冒険できずに醤油を注文してしまうのだ。ああ、一度ここの醤油ラーメンの味を忘れたい……。

・営業情報は事前に確認を

最後にひとつだけ。定休日は木曜となっているが、臨時休や売切の場合もあるので、営業情報は事前にお店の Twitter(@iicho0141)などで確認していただきたい。ちなみに筆者は店の前まで行って売切御免の憂き目に遭ったことがある。確実に食べたい人は出かける前にチェックだ!

・今回紹介したお店の情報

店名 いいちょ
住所 京都府京都市左京区下鴨東半木町70-10
時間 11時~15時30分(LO / 15時15分)、17時30分~21時(売切次第終了)
休日 木曜日(祝日の場合は営業。臨時休あり。詳しくは Twitter 、電話などで確認のこと)

参考リンク:いいちょ
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

【ウマそう】納豆をフリーズドライした “罪悪感ゼロ” の新スナック『おつまみ納豆』が爆誕! 食べれば食べるほど健康にいいだと…?

スナック菓子は罪の味がする。これを食べてもきっと自分の体にはプラスにならない。増えるのは体重くらいのものだろう。でも、食べちゃう。んなこたぁ分かってるんだけど、ついつい食べちゃうんだよなぁ。頼む、誰か俺を止めてくれ……!

という罪悪感をゼロにしてくれる、画期的なスナック菓子が誕生したためお伝えしよう。結論から言うとその正体は、納豆そのものである。はぁ? 納豆のどこがスナックなんだコラ! とキレる前に聞いてほしい。なんとこれ、納豆を乾燥させたものなのだ。

・新感覚スナック

福岡の企業が始めたクラウドファンディングによって誕生した『おつまみ納豆』。その名の通り納豆使ったスナック菓子だ。使ったというか、どこをどう切っても100%納豆です。本当にありがとうございます。

スナックというくらいだから油で揚げたのかと誤解してしまうが、実はこれはノンフライで、納豆をフリーズドライ加工しているとのころ。なるほど、やはり100%納豆ですね。一体どのような食感なんだろうか?

・いろいろ気になる……

販売元の「そのもの株式会社」によれば、最初はサクッと軽快で、噛むほどに納豆の粘りと香りがよみがえる独特の食べ心地になっているらしい。と言われても、正直あまり想像がつかないな。ウマそうなのは間違いないが。乾燥させているため、ニオイが控えめというのは嬉しい情報だ。

個人的に納豆は大好きだが、あのネバネバの納豆をお菓子代わりに会社で食べるのはさすがに気が引けるので、こういった商品があるならぜひ食べてみたいもの。味は「プレーン」「うすしお」「黒糖」の3種類で、「うすしお」は酒のつまみにも良さそうではないか。

・すでに目標達成

食べることに罪悪感が付きまとうスナック菓子の中身を、食べるほど健康にいい納豆にそっくり入れ替えるというアイデアはなかなか秀逸である。案の定クラウドファンディングはすでに目標を達成しており、現在は7月30日まで支援を受け付けているようだぞ。

ただサイトを見る限り、価格は5袋で3000円以上(送料込み)と完全貴族仕様。原料にこだわっているのは分かるけど、もうちょい下がってくれればなぁ……。と思わなくもないが、間食欲を満たしながら腸活もできるってのは純粋に素晴らしい。興味のある方はお早めに。

参照元:おつまみ納豆
執筆:あひるねこ

売れすぎて入手困難! 吉野家の保存食『缶飯』を食べてみた

日本……いや世界屈指の牛丼チェーンといっても過言ではない「吉野家」。2019年5月31日、そんな吉野家が公式通販サイト限定で同社初となる非常用保存食『缶飯』を発売。瞬く間に話題となり、品切れになるほど人気を博しているらしい(6月14日現在)。

筆者は同商品を発売日に注文し、無事入手することができた。さっそく開封してどんな味がするのか確かめてみたので感想をお伝えしよう。

・1缶あたり約800円の高級缶詰

『缶飯』のラインナップは「牛丼」「豚丼」「牛焼肉丼」「豚生姜焼丼」「焼塩さば丼」「焼鶏丼」の6種類だ。価格は全6種セットで税込4860円。1缶あたり約800円と、缶詰にしては高級品である。

吉野家の情報によれば、同商品は高機能玄米「金のいぶき」と牛丼の具が合体した温めずに食べられる「ご飯缶詰」で、賞味期限は製造後3年とのこと。なるほど、具だけでなく玄米が一緒に入っているというわけか。

缶はオーソドックスな平たい形状で、内容量はいずれも1缶160グラム。また、カロリーは味によって異なり222〜289kcalとなっていた。

・味をチェック

それではまずは「牛丼」を食べてみよう。缶の蓋をペリッと剥がして中身をみると……

確かにパッと見は牛丼だ。

食べてみたら……う〜ん、味は吉野家っぽくてイイ感じだが、玄米独特の固さと牛肉のボソボソ感が気になった。正直、ウマいともマズイとも言えない何とも微妙な仕上がりである。

続いて、説明をよく見ると「缶ごと10分ほど湯煎するとさらに美味しく召し上がれます」と書かれていたので、レンジで軽く温めてから味わってみたところ……

おっ、こっちの方がイケる! 玄米が柔らかくなって おかゆに似た食感になり、牛肉の脂が溶けたことで旨味が増幅。一気に食べやすくなった。

さらに他の味もいただいてみると……

「豚丼」はクセが無くあっさり。

「牛焼肉丼」は酒のつまみになりそうな濃い味が印象的。

「豚生姜焼丼」は生姜が効いていて食欲をそそる味。

「焼塩さば丼」はさばの風味豊かな本格派。

「焼鶏丼」は鶏肉が多めに入っていて食べ応えがあった。ちなみに常温で食べるなら「豚生姜焼丼」。また、温めて食べるなら「焼塩さば丼」が個人的にオススメである。

吉野家の『缶飯』を食べてみた結果、味付けはさすがの仕上がりだったが、食感はあくまでも非常用保存食レベルのクオリティーといった印象だ。しかし、いずれにせよ、備えあれば憂いなし。価格はチョイ高めだが、吉野家好きの方は思い切って購入してストックしておくといいかもしれない。

参考リンク:吉野家公式通販ショップ「缶飯6種6缶セット【非常用保存食】」
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

【ジレンマ】『忍者のかき氷』が可愛すぎて食べられない! でも食べないと…! 名古屋・ 金シャチ横丁「CAFE DINER POP★OVER」

名古屋といえば名古屋城! 築城から500年近く経った今でも、戦災後も残った一部の他、再建された天守や金鯱(金のシャチホコ)などは多くの人に愛され、楽しまれている。学校行事や観光で訪れた方も多いのではないだろうか。

そんな名古屋城のお膝元に、新世代の城下町が誕生していた。なんとそこでは、今流行りのタピオカドリンクの他、超絶可愛い忍者がいただけるらしい……!?

・金シャチ横丁

新世代の城下町「金シャチ横丁」は、2018年3月末に誕生した大型飲食施設。

名古屋城の正門側にある、実直な初代尾張藩主・徳川義直の名を冠した「義直ゾーン」には定番・老舗のなごやめしが。

東門側には、華やかな第7代尾張藩主・徳川宗春の名を冠した、新進気鋭の飲食店が集結している「宗春ゾーン」が展開されている。

気になるお店は東門のすぐそば、「宗春ゾーン」にあった。

忍者氷……だと……? 何だこの可愛いかき氷。実物に会いたい。

しかも「もちもちを追求した黒糖風味の本格タピオカ」まである。

特製の飲む岩塩クリームチーズもめっちゃ気になる。

欲望のおもむくままに、忍者氷の特製いちごミルク(950円)とチーズティー(550円)を注文。11時過ぎだったのでほぼ並ばず購入できた。列案内も忍者で可愛い。

まずはチーズティー。そのままクリームのみを味わってみると、甘くてトロトロで美味しい。塩っぽさが強過ぎないのが良い。次にドリンクとともに、タピオカも味わってみる。んんっ!?

なんだこのタピオカ、もちもちを通り越してグミみたいな食感だぞ!? 色んなタピオカを食べてきたが、こんな食感は初めてだ。黒糖風味は割としっかりしているが、このグミみたいな食感がめっちゃ気になって仕方ない。もちもちを追求するとグミにたどり着くのか? 新しいタピオカとの出会いだった。

そして忍者氷は……可愛い!

えっ、こんな可愛いの食べられん……!! でも早く食べないと溶けてしまう! 今世紀最大のジレンマ。

結局涙を飲んでいただいた忍者は、雪見だいふくのような美味しさでした。しかも手裏剣クッキーも、絶妙なホロホロ感でめっちゃ美味しい! かき氷自体も量がたっぷりとあるにもかかわらず、特製のシロップがしっかりと氷に行き渡っていて、最後まで美味しくいただけた。超満足。

・皆が注目するメニュー

人々が行き交う通路に面したテラス席でいただいていたのだが、その日が暑かったこともあってか、多くの人の視線が忍者氷とチーズティーに注がれているのを感じた。中でも忍者氷はその見た目の可愛さと量のインパクトに圧倒されている人が多く、「可愛いから食べたいけど、食べきれるかな……」と悩んでいる人の声も聞こえてきた。大丈夫、かき氷は飲み物だ。

名古屋城周辺の散策に少し疲れたときや、喉が渇いて仕方ないときには是非、チーズクリームや可愛い忍者に癒されてみてはいかがだろうか。

・今回訪問した店舗の情報

店名 CAFE DINER POP★OVER
住所 愛知県名古屋市中区二の丸1-2
営業時間 10:30〜名古屋城に準ずる

Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「タピオカ行脚」

【構想5年】「はま寿司」の『手ごねハンバーグ』がガチでウマい! 独特な歯ごたえはヤミツキ必至~!!

安くてうまい回転寿司。中でも「はま寿司」は平日、1皿90円というのだから恐ろしい。庶民の味方すぎるだろ……。そんな「はま寿司」は、サイドメニューの充実っぷりにも定評がある。2019年6月13日からは、なんと『手ごねハンバーグ』の販売を開始。

しかも構想に5年もかけたという、力の入れようだ。実際に食べてみたところ、コリコリっとした歯ごたえが斬新でヤミツキになるウマさだった。こんなの、ハンバーグ屋さんとしても十分やっていけるレベルやん! 

・ひっそりと販売中

「手ごねチーズハンバーグ(イタリアントマトソース)」と「手ごね和風おろしハンバーグ」は期間限定販売という。構想に5年もかけたようだが、定番メニューの座を狙っているわけではないらしい。店内ではそれほどアピールしている様子もなく、ひっそりとメニューに載っている。

価格は税別280円と、寿司に比べれば高いがハンバーグにしては安いだろう。タッチパネルをポチポチして注文したところ、10分弱で運ばれてきた。当たり前だが、見た目は完璧なハンバーグ。大きさはこぶし大だ。さっそく食べてみるとしよう。

・驚きの粗挽きっぷり

まずはイタリアントマトソースからいただく。チーズも乗っていて見るからに美味しそうだ。口に入れると……食感が斬新! 粗挽きであるとは聞いていたが、これ程の粗さとは驚きだ。コリコリしていて、すじ肉でも入っているのだろうか。しっかり目に味付けされた、トマトソースとの相性も抜群だ。

お次は、和風おろしを味わってみよう。記者は「びっくりドンキー」の “おろしそバーグディッシュ” が好きなのだが、正直「はま寿司」の “おろしバーグ” も負けていなかったように感じた。はま寿司はハンバーグがプラスチック皿に乗っているが、もし鉄板に乗っていたらタメを張る美味しさだろう。もちろんコチラも粗挽きだ。

・ワインがあれば……

いやはや、美味しいではないか。思わず店員さんを取っ捕まえて「ここ、すし屋でしたよね?」と確認したいレベルだ。しかしこうもウマいハンバーグを食べるとアレだな、ワインでも飲みたくなるな。一縷(る)の望みをかけてメニューを見たが、さすがにワインは置いてなかったぜ! 

魚に合うワインとなると難しいもんな……と、ここが寿司屋であることを思い知らされた次第である。仕方がないのでビールを頼んだが、ハンバーグの味がしっかり目だからか、ビールとの相性もとても良かったことを報告しておきたい。

美味しい寿司とハンバーグが一度に食べられる空間なんて、最強としか言いようがない。「はま寿司」の本気と可能性が感じられた『手ごねチーズハンバーグ(イタリアントマトソース)』と『手ごね和風おろしハンバーグ』。7月中旬に販売終了を予定しているそうだぞ。

参考リンク:はま寿司「ハンバーグ登場!」、「平日一皿90円+税
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

寿司30貫食っても1000円 / スシローの創業祭「3貫盛りまつり」は最強説

我々食いしん坊にとってメシ系のフェアやセールで重要なポイントとは何なのか。その対象が安いこととウマいことは必須だし、論じる以前の根本的な前提だろう。ではその次……いや、この2点が大前提であるならば、選択の余地がある範疇におけるNo.1は……?

それは限界ギリギリまでたらふく食えることではないだろうか。我々にとってごはんおかわり無料は神。ケンタはケンタでも、チキンだけを腹いっぱい食わせるケンタこそ正義のケンタだし、1キロのチーズに溺れるのも大好きだ。モノは違うが、これらにはたくさん食えるという共通点がある。

・胃の限界を攻め続けたい

いくら安くてウマくても、量が少なければイマイチ満足できない。そう、結局は量なのだ……と筆者は考える。その点において、これは最強なのでは? と思わざるを得ないセールを発見してしまった。

それは、スシロー創業祭の「3貫盛りまつり」。こちら2019年6月12日から6月30日までの期間、全国のスシローで開催中のもので、特定の3貫セットが安く提供される。具体的な内容は以下のとおり。

天然本鮪3貫盛り(大とろ、中とろ、赤味)300円
北海3貫盛り(本ずわい蟹、上いくら、大つぶ貝)300円
サーモン3貫盛り(ジャンボとろサーモン、焼とろサーモン、サーモン)150円
いか3貫盛り(やりいか姿、漬けいか、むらさきいか)100円
青物3貫盛り(あじ、〆いわし、〆真さば)100円

……これだけでは中々ピンとこないだろう。筆者だって、これだけなら最強とまでは言わなかった。スシローがそこそこいい感じのセールをやっている……的な記事で終わったと思う。このセールを最強にするには、食べ方が重要。

詳細や理由は後述するが、このセール中にある食べ方をすることで、成人男性のおおよその限界に近い30貫もの寿司を、たったの1000円程度で食べることができるのだ! 

・「いか」と「青物」が鍵

まず注目すべきは100円の「いか」と「青物」。これらの内訳を良く見て欲しい。ざっくり分けられてしまっているが、厳密にはやりいか姿、漬けいか、むらさきいか、あじ、〆いわし、〆新さばという、完全に種からして異なる個別の6種なのだ!(漬けいかの正体は不明だが)

価格に対するバリエーションと量に関しては、「いか」と「青物」が完全にぶっちぎっているのだ。上述の「ある食べ方」とは、「いか」と「青物」1皿ずつの6貫セットをひたすら食べれば、最高のコスパで最大のバリエーションを限界までエンジョイできる……! というもの。

・限界はおよそ34貫

しかし本当にそうだろうか? 「いか」と「青物」だけ食べても、もしかしたら腹がいっぱいになる前に飽きてしまうかもしれない。ということで実際に試してみることに。

まず成人男性の限界スシロー量は何貫なのか……これについてはかつてスシロー10万円チャレンジをした際の記事を参考にすることに。この記事のラストには以下のように書かれている。

「皿の数にすると123皿、サイドメニューも合わせれば135皿を平らげた

男4人で135皿。記事にもあるとおり、実際にはサイドメニューが12皿含まれ、123皿の中には1皿2貫のものも含まれているだろう。しかし今回知りたいのは限界量だ。

そこまで正確な数字である必要も無いので、今回は男4人で1皿1貫の低コスパ寿司を135皿食べたところで全員が限界を迎えた……そうみなすことにしよう。135を4で割ると、33.75。つまり……

限界スシロー量は約34貫。

算出方法的に誤差は確実にあるが、思いのほか常識的な数字なのでは? 小食な人なら多分無理だろうし、そこそこ自信があっても34貫はお腹が苦しい領域だろう。おおよその平均的な限界としてはイイ感じな数字だと思う

本記事のタイトルで30貫としているのは、この34貫を元に、30貫くらいならギリお腹の苦しさと戦わずに食べられるラインな気がしたからだ。1皿100円なので30貫でちょうど1000円だし、いろいろとキリがいいし

ということで、最低でも30貫「いか」と「青物」の3貫盛りのみで無理なくスシローをエンジョイできたなら、量とコスパを求める食いしん坊にとって「3貫盛りまつり」は最強と主張してもそう的外れではないだろう。

・程よく34貫越え

そんな感じで目標を定めて、ガチで「いか」と「青物」の3貫盛りのみを食べまくることに。

食べては注文してを繰り返す筆者……。

View this post on Instagram

ひたすら注文し続ける

A post shared by 江川 資具 (@takurn24) on

気づくと、勢い余ってうっかり30貫どころか34貫すらも超えてしまったでござる。36貫食べたところで胃袋的に限界を感じて終了。1皿に3貫乗っているため、皿数的には30貫(10皿)の目標より2皿オーバー。

「青物」は独特のクセがあったものの飽きを感じることもなく、おおむね想定どおり別種の寿司として機能していた。量とコスパを重視して寿司を食うなら、やはり3貫盛りまつりは最強だと推したい。バリエーションを犠牲にしなくていいのも高ポイント。

実践する場合、コスパは下がるが「いか」と「青物」に限定せず、1皿に2貫乗っているネタなどを数皿入れてもいいだろう。この2種の3貫盛りを中心に組めば、とにかくコストを抑えて限界まで食べられるぞ! 食いしん坊諸君は是非試してみて欲しい。

最後に繰り返すが、創業祭「3貫盛りまつり」は2019年6月12日から6月30日までの期間限定だ! あと一部店舗は品目・価格が異なるとのことなので、その辺りも注意してくれ!

参考リンク:スシロー
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

【小声】ひつまぶし食べ放題で1泊6000円代!? ビジネスホテル『ベッセルイン栄駅前』が名古屋旅において無双すぎる

知らない街を歩いてみたい♪ 旅は良いものだ。普段の場所から離れて遠くの街へ。心の垢を落とすのにもちょうど良い。そんな旅において重要なのが泊まる場所

この度、私(中澤)が名古屋で泊まったビジネスホテルがかなり素敵だったためご紹介したい。泊まるだけで、名古屋に来た目的の半分くらいは満たせてしまった

・ひつまぶし食べ放題

皆さんは、名古屋と言えば何を連想するだろうか? 私の場合はグルメ! ひつまぶし、みそカツ、どて煮、あんかけスパゲティーと名古屋はとにかくB級グルメの宝庫である。もはや、大阪以上に「食い倒れ」と呼べるのではないだろうか

名古屋に来たからには名古屋メシを堪能しないといけない。それは私にとって半ば使命のような欲求だった。そんな欲求が、今回泊まったホテル『ベッセルイン栄駅前』の朝食1回で全て満たされてしまったのである。朝起きて、朝食を食べに2階のラウンジに行くと……

みそカツ!

どて煮!!

ひつまぶしィィィイイイッ!!!

ビュッフェ形式の朝食は名古屋メシのオンパレード! しかも、嬉しいのは、ひつまぶしがちゃんとタレと共に炊き込まれていること。ビジネスホテルの朝食にもかかわらずかなり本格的なひつまぶしを食べることができる。ウンマッ!

もちろん、ビュッフェのため、サラダやフルーツ、パンなどの洋食もよりどりみどり。かなり手抜かりのないラインナップと言えるだろう。

・オープンしたばかり

と、この朝食だけでも名古屋のビジネスホテルの中で無双しているわけだが、細かい点で、いくつか気に入ったポイントがあったため追記したい。

実はこのホテル、2018年11月1日にグランドオープンしたばかりなため、とにかく新しくてキレイなのだ。フロントも廊下もキラッキラである。さらに気に入ったのがベッドの固さ

・住みたい

私はホテルによくある「ぼふっ!」と背中が沈むようなふわふわすぎるベッドが苦手で、寝不足になったりするのだが、ここのベッドは非常に寝心地が良かった。

ある程度の固さがあるのだが、だからと言って固すぎない。寝やすすぎてチェックアウトぎりぎりまでゴロゴロしてしまった。このベッドから離れるのが名残惜しい。もはや住みたい

そうそう、チェックアウトと言えば、デフォルトでチェックアウト時間が11時なのも嬉しい。朝のバタバタとは無縁で、観光などで使う場合にも最適だ。ちなみに、チェックアウト時間は追加料金(1時間あたり1000円)を払えば14時まで延長することができる。

・1泊の値段

でも、お高いんでしょ? ここまで読んできてそう思った読者の方もいるかもしれない。宿泊の値段は曜日や時期によって様々だが、サイトで直近の料金を検索してみたところ……

最安値で税込6200円(朝食付き)。

2019年6月の月曜日と日曜日は全て6000円代で、繁忙期や予約時期などによって上下するようだ。ちなみに、私が泊まった6月7日金曜日は税込み1万100円だったが、正直、1万円代でも十分満足だったので、6000円代でこのクオリティーは無双すぎる。

なお、立地に関しても、名古屋市を代表する繁華街の駅・栄駅の出入り口から徒歩1分くらいと旅人にとって最強。名古屋旅の際は、1度このビジネスホテルで宿泊日の値段を見てみることをオススメしたい。

・今回紹介した店舗の情報

店名 ベッセルイン栄駅前
住所 愛知県名古屋市中区錦3-14-13

参照元:ベッセルイン栄駅前
Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

セブンの100円お菓子「ひとくちパイ」は、「パイの実」好きなら絶対に気に入るパイ界屈指の究極パイかも

突然だが、私は大の「パイの実」好きで、我が家の食料庫には常にパイの実が入っている。切らしたことなんて無いってくらい、絶対にパイの実が入っている。いつなんどきでもパイの実が楽しめる臨パイ態勢なのだ。

しかし最近、そんな我が家のパイの実の消費スピードが緩やかになった。最強のライバルが、パイの実の前に現れたのである。その名も通称「ひとくちパイ」、正式名称「チョコを包んで焼いた ひとくちパイ」である。

価格は税抜100円。安いので、なんとなくセブンイレブンで購入した。パイの実の箱の圧倒的な高級感に比べると、「ひとくちパイ」の小袋からは高級感なんて感じない。しかし、特に何も期待せず、口に入れたその瞬間……!!

なんだこれは! 美味すぎる!!


真っ先に感じたのは「パイの実っぽい」ということ。しかしながらパイの実よりも香ばしく、チョコはビターで、ちょっぴりパイが “しょっぱい” のも絶妙なアクセントになっている。大人のパイの実……そんな感じ。

サクサク食感もパイの実とは全然違う。だったら比べるなと言われるかもしれないが、やはりライバルにふさわしいのはパイの実であると私は思う。食べた後の「パイのお菓子を食った感」が、パイの実のそれと同じなのだ。

しかしながら ひとくちパイは、パイの実よりもパイしてて、パイ感の強いパイ菓子という感じがする。1袋100円のお菓子なのに、なぜか高級感すら感じるのだ。いずれにしても、私が本稿で言いたいのは、「超ウマイから食ってみ」ということ。特にパイの実好きに試してほしい一品だ。

参考リンク:セブン-イレブン「チョコを包んで焼いたひとくちパイ」
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.