ウォッチガード、MSP向け「WatchGuard Cloudプラットフォーム」

米WatchGuard Technologiesの日本法人であるウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは4月18日、クラウドベースのシングルインタフェースによりセキュリティ管理とレポーティングを一元化する「WatchGuard Cloudプラットフォーム」を発表した。…

TISとラック、クラウドおよびセキュリティ分野で協業

TISとラックは4月18日、クラウドサービスおよびセキュリティサービスの領域において協業すると発表した。これにより、金融、製造・サービスなどのエンタープライズ企業および公共分野向けにサービスを共同で展開していく。…

サイバー攻撃者の”本気”にどう備える? デジタルリスクの実態を把握するには

デジタルリスクへの対策、あなたの会社ではどのように行っていますか? 知らぬ間にほぼ全ての企業で何らかの情報漏えいが起こっている現代。マイナビニュース会員に行ったアンケートを元に、いま必要なセキュリティ対策についてご紹介します。…

エンドポイントを脅かす7つのセキュリティの課題と対策とは?

ソフォスは4月17日、米国・カナダ・メキシコ・コロンビア・ブラジル・イギリス・フランス・ドイツ・オーストラリア・日本・インド・南アフリカの12カ国の3100名のIT管理者を対象に実施した調査「エンドポイントセキュリティの7つの不都合な真実」の結果を発表した。…

NRIセキュア、セキュリティ対策状況可視化サービスに新機能

NRIセキュアテクノロジーズは4月17日、セキュリティ対策実行支援プラットフォームである「Secure SketCH(セキュア スケッチ)」の「STANDARDプラン」に「ガイドラインチェック機能」と「レポート出力機能」を新たに追加して提供開始した。…

Instagramのフィッシング詐欺「厄介者リスト」に注意

Sophosは4月16日(米国時間)、公式ブログにおいて、ここ1週間ほどでInstagramに「Nasty List (厄介者リスト)」と呼ばれるフィッシング詐欺メッセージが出回っていると伝えた。Nasty Listが含まれるリンクがメッセージで送られてきた場合は注意が必要だ。…

Oracle、Java SE JDK/JREなど4月のクリティカルパッチアップデート公開

JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月17日、Oracleが複数の製品に対するクリティカルパッチアップデートに関する情報を公開したとして、「2019年 4月 Oracle 製品のクリティカルパッチアップデートに関する注意喚起」を発行した。…

日本のデータ保護の成熟度が進展、背景にデータ増とインシデント

デルおよびEMCジャパンは4月17日、今回で3回目となる世界規模のデータ保護に関する調査レポート「グローバル データ保護インデックス:Global Data Protection Index 2018」の結果を発表。日本でデータ保護の成熟化が進んでいる実態が明らかになった。…

ユーザーがアップロードした5000万曲が削除、バックアップはとても大切 – sophos naked security

過去、常に言われてきたことだが、重要なデジタルデータのバックアップは大切なことだ。”転ばぬ先の杖”、”後悔先に立たず”などの諺がピタリと当てはまる。英セキュリティベンダーSophosのオウンドメディアnaked securityは、改めて最近MySpaceで起こったできごとを示しバックアップの重要性を説いている。…