アナログレコードのマーケットプレイスに決済機能

ケイ・オプティコムは12月14日、アナログレコードマーケットプレイス「REVINYL(リバイナル)」に個人間でレコードの売買を行うことができる「Trade(トレード)(決済)」機能を導入すると発表した。…

宅配業務向けに、配達指定時間ごとにアイコン表示できる地図アプリ

ゼンリンデータコムは、2018年12月14日、ゼンリン住宅地図を活用した、配達ドライバーの業務効率化支援サービス「配達アプリ」をリリースした。

函館朝市で「IoTお忘れ物自動通知サービス」

函館朝市協同組合連合会とMAMORIOは共同で、MAMORIOの紛失防止IoTデバイス「MAMORIO」及び専用アンテナ「MAMORIO Spot」を活用した「IoTお忘れ物自動通知サービス」を函館朝市で12月5日から提供すると発表した。…

ソフトバンク、5G 28GHz帯の実験試験局免許を取得し品川と渋谷で実証実験

ソフトバンクは12月5日、5G向け候補周波数帯の一つである28GHz帯の実験試験局免許を取得し、ノキアソリューションズ&ネットワークスおよびエリクソン・ジャパンの協力のもと、品川エリア(東京都港区)および渋谷エリア(東京都渋谷区)で28GHz帯を使用した5Gの実証実験を実施すると発表した。…

SMSを顧客への連絡手段として活用できる「空電プッシュ」の強みとは

企業が顧客に連絡を取る際に「SMS」を使うと、メリットが大きい。電話は出てもらえず、郵便物は他にまぎれやすく、メールは見逃される恐れがあって、思うようにコンタクトできないことがある。SMS送信サービスが、そうした課題を解決するカギになる。…

LINEとみずほが新銀行設立に向けて検討開始 – 準備会社を設立

LINEとみずほフィナンシャルグループは1127日、両傘下のLINE Financialおよびみずほ銀行を通じた共同出資による準備会社の設立に関して合意した。準備会社では関係当局の許認可などを前提に新銀行の設立に向けて、準備・検討を進めていく。…

ドコモなど、5Gの先を見据えて超広帯域チャネルサウンダを開発

NTTドコモとRohde & Schwarzは11月27日、100GHz超の移動体通信向け超広帯域チャネルサウンダ(以下、同装置)を開発し、5Gの次の世代に向けて高速大容量通信の実現が期待される150GHz帯までの周波数で電波伝搬実験を行い、電波伝搬特性や遮蔽物による影響の測定・解析ができることを確認したと発表した。…

サイヤ人のためのポータルサイト「ヤフー惑星ベジータ」を開設

ヤフーは11月27日、映画「ドラゴンボール超 ブロリー」の公開を記念し、ニュースやブログ形式で地球やサイヤ人の情報を紹介するサイヤ人向けのポータルサイト「ヤフー惑星ベジータ」を開設した。…

LINE Pay、SMB向け会計ソフト「LINE店舗経理」の取り扱いを開始

LINE Payは11月26日、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」において12月6日からfreeeが開発・運営する「クラウド会計ソフトfreee(会計freee)」のOEMで「LINE店舗経理」として取り扱いを開始したと発表した。価格は、980円/月~3980円/月。…