ウォッチガード、MSP向け「WatchGuard Cloudプラットフォーム」

米WatchGuard Technologiesの日本法人であるウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは4月18日、クラウドベースのシングルインタフェースによりセキュリティ管理とレポーティングを一元化する「WatchGuard Cloudプラットフォーム」を発表した。…

埼玉県、AIを活用したチャットボットAI救急相談」試行導入

埼玉県は、NECの協力の下、AI(人工知能)を活用したチャットボットによる救急相談の自動応答サービス「埼玉県AI救急相談」を4月19日午後3時から試行導入すると発表した。同サービスでは、利用者が相談した内容をもとに、可能性のある症状を回答する。…

TISとラック、クラウドおよびセキュリティ分野で協業

TISとラックは4月18日、クラウドサービスおよびセキュリティサービスの領域において協業すると発表した。これにより、金融、製造・サービスなどのエンタープライズ企業および公共分野向けにサービスを共同で展開していく。…

NTT、準天頂衛星みちびきに対応したドローンによるスマート営農の実証実験

NTTグループなど4者は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTTグループのAIを活用したデータドリブンなスマート営農ソリューションの実証実験を行うと発表した。

IDC、国内企業のAIおよびRPAの利用状況を調査

IDC Japanは4月18日、企業におけるAI(人工知能)システム、RPA(Robotic Process Automation)の利用状況に関する調査結果を発表した。AIを「全社的に利用している」と回答した企業は12.3%、RPAを「全社的に利用している」と回答した企業は9.0%だったという。…

ドコモら、IoT通信規格「LTE-M」用いて運搬車両の運行状況を見える化

NTTドコモと米国現地法人のドコモUSAおよび、伊藤忠ロジスティクスと米国で物流業を展開するITOCHU LOGISTICS USAは4月18日、IoT向け通信規格「LTE-M」を活用して、傭車(自社保有ではない運搬車両で)の運行状況を見える化するソリューションの実証実験を5月1日から米国で開始すると発表した。…

シスコ、宇宙関連ビジネスの共創を目的としたイノベーションハブ

シスコシステムズは、グローバルで展開するイノベーションセンターの最新拠点として、衛星・宇宙関連の事業機会の共創を目的としたCisco Innovation Hubを東京日本橋に開設した。

サイバー攻撃者の”本気”にどう備える? デジタルリスクの実態を把握するには

デジタルリスクへの対策、あなたの会社ではどのように行っていますか? 知らぬ間にほぼ全ての企業で何らかの情報漏えいが起こっている現代。マイナビニュース会員に行ったアンケートを元に、いま必要なセキュリティ対策についてご紹介します。…