. . .

カテゴリー: 企業IT

軍事とIT 第306回 無人ヴィークルを巡る最近の話題(5)爆弾処理ロボットの新計画

以前、IED(Improvised Explosive Device)対策を取り上げた。その時は、無線による遠隔起爆を妨害する装置について説明したが、実際には発見した爆発物を地道に処分している事例も多い。そこで活躍しているのが、マニピュレータ・アームを取り付けた遠隔操作式のロボットである。…

知らない人からの電子メールを気にしていますか? – Palo Alto Networks blog

米国人の66%は「自分の情報を損失しないためにできることすべてをやっている」と考えるが、「知らない人からの電子メールを受け取った時に送り主が誰かを確認する」という人は27%にとどまる。それが攻撃者にとって最も重要な手法のひとつであるにも関わらず。と米Palo Alto Networksは公式ブログで英YouGovとともに行ったオンライン調査から浮かび上がる傾向を紹介している。…

CTC、Oracle Cloudとの連携を強化する接続サービスを開始

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は7月18日、企業のマルチクラウド利用での利便性向上を目的に、CTCのデータセンターとOracle Cloudのデータセンター間を占有型の高速ネットワークによって閉域接続し、Oracle Cloudを活用したマルチクラウド連携を強化したと発表した。…

古河電工ら、自治体向け道路附属物維持管理システムの実証試験

古河電工とゼンリンデータコムは7月19日、道路標識、照明等の小規模道路附属物の点検・維持管理を非常に簡便にできるシステムを開発し、栃木県日光市のPPP事業にて実証試験を行った結果、従来方法では人手不足、資金不足のため実施困難であった道路附属物の点検・維持管理を、大幅に省人化・低コスト化して実施できることを確認したと発表した。…

JALのVR活用した整備士訓練を体験 – VRで「できること」「できないこと」

JALは7月17日、JALイノベーションラボで仮想現実(VR : Virtual Reality)を活用した整備士訓練について、報道向けの説明会・体験会を開催した。今回、実際にVRデバイスを体感することができたが、VRによって「できること」「できないこと」を整理してみたい。…